合格者インタビュー

慶應義塾ニューヨーク学院の秋AO 入試に見事合格したニューヨーク予備校の生徒が実際に行った受験対策についてご紹介させていただきます。

Q. いつ頃から慶應義塾ニューヨーク学院の受験対策を始めましたか?
A. ちょうど一年くらい前から始めました。初めは英語が全く出来なかったので、まずは英語力向上のために英検の取得から取り組みました。受験前までに、英検2級を取得しました。

Q.  受験勉強において最も苦労したことは何ですか?
A. 私が最も苦労したことは、英語のエッセイだったと思います。英語のエッセイは、日本語の小論文と全く構成が異なるので、慣れるのにとても苦労しました。早めに対策を始めて本当に良かったと思っています。

Q. 日本語の小論文は大丈夫でしたか?
A. 私は生まれてからずっと日本に住んでいたので、日本語の小論文にはとても自信がありました。なので、私は英語をみっちり勉強しました。

Q. 基礎計算は難しかったですか?
A. 基礎計算は、中学二年生レベルだったので難しくはなかったのですが、問題数が多いため、計算スピードが重要視されると思いました。

Q.  面接対策はどのようにして行いましたか?
A. ニューヨーク予備校の講師の方が、質問内容を明確に教えてくれたので、自分が面接で話すべきことをしっかりと事前に準備することができました。

Q. 緊張しましたか?
A. とても緊張しましたが,模擬面接をニューヨーク予備校で行っていたので、しっかりと話すことが出来ました。

Q.  面接の雰囲気はどのような感じでしたか?
A. 慶應義塾ニューヨーク学院の教師の方は、みなさんとても親しみやすい方でした。面接では、とても話しやすかったです。

Q.  これからの受験生に向けて何か一言あればお願いします。
A. まずは自分の能力を把握してほしいと思います。それと同時に自分が取り組まなければならないことを明確にすることが重要だと思います。一度過去の試験問題に挑戦し、問題の形式から把握していってほしいです。

受験戦争で勝ち抜くためには、効率良く勉強に取り組まなければなりません。
そのためには、まず自分の能力を把握し、何が自分に足りていないかを明確にしていただきたいと思います。

ニューヨーク予備校では、受験に関する対策を全て行っております。
心配なことや不安なことも多いと思いますが、一緒に頑張っていきましょう!

ニューヨーク予備校 塾長 熱海佑太