みなさんこんにちは!ニューヨーク予備校の坂井です!

二月になり一段と寒くなってきました。
一月の後半には東京で雪が降り、たまたま外出をしていた私は、その雪を見てニューヨークの冬を思い出しました。
実はニューヨークは大都市ではありますが、雪がたくさん降る場所なんです!
さて、今回のブログではそんなニューヨークの冬についてご紹介させていただきたいと思います。

ニューヨークの冬は長く、9月の後半から気温が下がり始め、4月の上旬くらいまで寒さが続きます。
ニューヨーク州はアメリカ合衆国の中では北寄りに位置する州で、日本でいうと青森県の緯度と同じ高さに位置しています。
二月の最低気温は氷点下10度を下回る日も多くあり、毎年大量の積雪があります。
私がニューヨーク学院に在学していた頃は、身長178センチの私の膝上まで雪が積もったこともありました。
そのため、雪によって公共交通機関が麻痺するとニューヨークでは「Snow Day」という日が設けられます。
Snow Dayになると学校が休校もしくは2時間遅れの特別授業スケジュールになります。
私がニューヨーク学院で過ごした冬の中で一番思い出に残っていることは、部活で行なった雪の上でのサッカーです。
ふわふわな雪の上でするサッカーは新鮮で、寒さを忘れて友人とはしゃいだことを今でも鮮明に覚えています。
その他にも友人たちと大きな雪だるまを作ったり、地面にスノウエンジェルを作ったりと東京ではできない経験をしました。

また、ニューヨークの冬といえば「Bryant Park」や「Rockefeller Center」でのアウトドアスケートが有名です。
学院イベントでも、スキートリップが企画されるなど、冬ならではのイベントが開催されます。
他にも、「クリスマススペクタキュラー」などの冬をモチーフにしたブロードウェイショーなどニューヨークだからこそ経験できる冬のアクティビティが多くあるんです!

いかがでしたでしょうか。とても寒い冬ではありますがニューヨークはそんな冬を楽しむイベントが多くあり、私は夏よりも冬の方が好きでした。
ニューヨークの冬に興味を持った方がいましたら、ぜひ学校見学にいってみてください。
3月28日(土)にニューヨーク学院ではオープンキャンパスが開催されます。
詳細はこちらからご確認ください。

次回ブログは、金曜日に投稿を予定しています!
齋藤先生が面白いお話を準備してくれているはずですので、次回ブログも楽しみにしていてください!

ニューヨーク予備校
お電話でのお問い合わせはこちらへ
03-6240-2902
9:0018:00(平日のみ)