こんにちは!塾長の山口です!
一般入試を受験される方は、ニューヨークへ向かったと思います。しっかりと睡眠を取ってください。焦る必要はありません。Just Do Your Best。3月10日から、春季AO入試の出願が始まります。春季AO入試を検討されている方は、本格的に対策を始めて行きましょう!
さて、本日はAO入試と一般入試の中で最も受験生が苦戦する英語エッセイについてご説明させていただきます。英語エッセイは慶應ニューヨーク学院を受験する生徒にとって、最も難しい課題であると思います。多くの受験生が苦戦する点を以下のようにまとめてみました。ご確認ください。

①主張と理由の一貫性。
=主張と理由が繋がっていることを、具体例を書く前に必ず確認しよう。大半の受験生はこれに苦戦します。

②具体例に必ず体験談を盛り込む。
=体験談がなければ読者を説得することは出来ません。必ず自分の体験談を盛り込み、オリジナリティのある小論文を書くことを心がけよう。

③体験談は簡潔に説明しよう。
=具体例の中に盛り込む体験談を書く時は、簡潔なストーリーとして説明することを心がけよう。

④問いに対する答えを書く。
=問いに対する答えが、Body Paragraphの一文目と最後の文に書くことが出来ているのかを必ず確認してください。問いに対する答えを書くことができなければ、OFF TOPICとなり大幅に減点されます。OFF TOPICにならないように気をつけましょう。

英語エッセイでは、自分独自の文章を書くことを心がけてください。自分独自の体験談を盛り込むことが出来れば、説得性を向上させることが出来ます。エッセイを何度も書くのではなく、コツを掴みながら学習していきましょう!

受験勉強を始める前に、まずやらなければいけないことは自分の弱点を知ることです。自分の弱みを把握し、その弱みを徹底的に克服することを最初の目標としてください。自分の弱みを克服することができた後に、全体の対策に入りましょう。

ニューヨーク予備校では、生徒一人一人に適したカリキュラムを用いて指導を行っております。自分に適している環境と勉強方法を見つけましょう。心配なことや不安なことも多いと思いますが、一緒に頑張っていきましょう!

ニューヨーク予備校 塾長 山口慶高