こんにちは!塾長の山口です!
2018年度春季AO入試の一次試験結果発表まで残り2週間強になりました。一次試験結果発表までには、筆記試験対策をある程度終えておきましょう。一次試験の結果が発表され次第、ニューヨーク予備校では、面接試験対策を開始致します。AO入試では、一般入試より、面接試験対策が重要になります。しっかりとアピールしたいことを事前に考えておきましょう。

先日、慶應ニューヨーク学院を検討されている親御さんから「なぜ塾長は慶應義塾ニューヨーク学院に進学されたのですか」というお問い合わせを頂戴致しました。私が慶應義塾ニューヨーク学院を受験すると決めたのは、9年前のことになります。本日は、私が慶應義塾ニューヨーク学院を受験することになった経緯をご説明させていただきます。少しでも皆様が進路を決める際のお役に立つことができれば幸いです。

私が、慶應義塾ニューヨーク学院を受験すると決めたのは、中学三年生の春頃でした。当時、イギリスに住んでいた私には、ネイティブレベルの英語力はありましたが、日本の高校に進学するために必要な日本語力がありませんでした。そのため、進学する高校にはとても悩まされました。ずっとイギリスに住み続けたかったのですが、両親に猛反対されました。なぜなら、イギリスに住み続ければ、一生日本語力を向上することが出来なかったからです。

そんな時に、慶應義塾ニューヨーク学院を考え始めました。慶應義塾ニューヨーク学院が教育理念として掲げているバイリンガルバイカルチュアル教育は、私にとって、イギリスで培った英語力を維持し続けることができると同時に、日本語力を向上することができる教育でした。慶應義塾ニューヨーク学院は自分に最も適している学校だと思い、慶應義塾ニューヨーク学院に進学すると決意しました。

しかし、慶應義塾ニューヨーク学院のAO入試には、国語小論文の試験がありました。もちろん、当時の私には、国語小論文を書く日本語力はありませんでした。どうしても慶應義塾ニューヨーク学院に進学したかったため、私はすぐに小論文の教材を日本から取り寄せ、勉強に励みました。結果として、慶應義塾ニューヨーク学院の2010年度秋季AO入試に合格することができました。

慶應義塾ニューヨーク学院が教育理念として掲げているバイリンガルバイカルチュアル教育は、英語力と日本語力を共にバランス良く向上させることが出来ます。語学力を向上させるだけではなく、世界的視野を培うことも出来ます。慶應義塾ニューヨーク学院に進学される皆様には、語学力を向上させ、世界的視野を培い、国際社会を担うことが出来る人材になって欲しいと思っています。慶應義塾ニューヨーク学院に少しでも興味のある方は、いつでもご連絡ください。優秀な卒業生が慶應義塾ニューヨーク学院の魅力について、ご説明させていただきます。

ニューヨーク予備校では、慶應ニューヨーク学院へ入学するために必要なことを全面的にサポートさせていただいております。生徒一人一人に合わせたカリキュラムをオーダーメイドで作成し、責任持って指導して参ります。何かご不明な点等ございましたら、いつでもご連絡していただければ幸いです。慶應NY学院の優秀な卒業生と一緒に合格に向かって頑張りましょう。

ニューヨーク予備校 塾長 山口慶高
お問い合わせはこちらへ
03-6240-2902
9:00〜18:00(平日のみ)