こんにちは!塾長の熱海です!

2020年度秋AO入試出願開始まで、2週間ほどになりました!
受験生の皆さんは、出願エッセイを終わらせましたでしょうか?
まだの方は急ピッチで仕上げましょう!
また、親御様につきましても活動報告書の準備等でお忙しいことでしょう。
何かご不明点がございましたら、いつでもご連絡いただけますと幸いです。

先日、慶應ニューヨーク学院を検討されている親御さんから、9年生と10年生のどちらで出願するべきか。というお問い合わせがありました。中学3年生、および9thグレードに在籍している生徒は、9年生と10年生を出願時に選択することができます。
しかし実際は、違いについてご存じない方が多いと思います。
本日は、その不安を解消させていただきたいと思います。
結論から申し上げさせていただきますと、ニューヨーク予備校では10年生として出願することを推奨させて頂いております。
理由は以下の通りです。

  1. 学費が一年分多くかかる。
    9年生で入学する場合、ニューヨークで4年間過ごすことになります。そのため、10年で入学する場合と比べて、1年分学費が多くかかります。
  2. 中学校を中退しなければならない。
    9年生で入学する場合、中学3年生の9月に慶應ニューヨークに入学となります。そのため、日本から入学される方は、現在通っている中学校を中退しなければなりません。そのため、9th受験を選択すると友人と一緒に中学校卒業することができなくなってしまいます。
  3. 9年生には苦戦する科目がある。
    9年生で入学する場合、地理学と生物学が必修となります。これらを英語で勉強することはとても難しいため、日本から入学される多くの生徒が苦戦します。ですが10年生で入学する場合、地理学と生物学を履修する必要がなくなります。
  4. 9年生の成績は大学進学に影響しない。
    10年生〜12年生の成績によって、慶應義塾大学に進学する際の学部が決まるため、9年生の成績は大学進学に全く影響しません。9年生の時に過ごす1年は、学校生活に慣れるための1年であると言えるでしょう。

 

以上の理由から10年生受験を推奨しております。
ただし、理系の学部に進学したい生徒などは、9年生で生物学の履修を終了すると11年生が少し楽になるケースもございますので、ご不明な点がございましたらいつでも多い合わせください。

ニューヨーク予備校は、慶應義塾ニューヨーク学院対策の専門塾です。生徒一人一人に合わせたカリキュラムをオーダーメイドで作成し、受験まで責任持って指導して参ります。授業もお好きな時間に受講することが可能となっておりますので、部活動と並行して取り組むことも可能です。何か慶應義塾ニューヨーク学院についてご不明な点等ございましたら、いつでもご連絡していただけますと幸いです。慶應NY学院の優秀な卒業生と一緒に合格に向かって頑張りましょう。

ニューヨーク予備校 塾長 熱海佑太
お問い合わせはこちらへ
03-6240-2902
9:00〜18:00