こんにちは!塾長の山口です!
猛暑が続いております。受験生の皆さんは、体調管理には十分気をつけてください。体調管理も受験勉強一環です。2018年度秋季AO入試の出願開始まで残り一ヶ月となりました。出願までには、英語エッセイ、国語小論文、基礎計算を完璧にしておきましょう。また、自分が慶應ニューヨーク学院で取り組みたいことについても少しずつ考え始めましょう。2018年度入試概要をご覧になられた方は、お気づきだと思いますが、AO入試の「基礎計算試験」が「数学基礎試験」へと変わりました。今までの基礎計算の試験時間は30分でしたが、数学基礎の試験時間は50分となります。そのため、問題数が増えることが予測されます。

ここで今までの基礎計算試験で出題された単元を確認しておきたいと思います。
(1)正負の数の四則演算・分配法則
(2)文字式・等式の変形
(3)一次方程式(比を含む)
(4)分数・乗数の組合わさった文字式
(5)絶対値
(6)比例・反比例
(7)連立方程式
(8)空間図形の計算(表面積、体積)→2017年度より出題
(9)最小公倍数・最大公約数
(10)代入計算
(11)一次関数(傾き、切片、交点、式を求めるもの)
(12)商と余(筆算計算)

ニューヨーク予備校の理系専門の堀地先生によると、以下の単元がこれから出題されるかもしれないとのことです。ご確認ください。
(1)角度 三角形の図形等の角度計算問題
(2)確率 サイコロ、コイントス、赤玉白玉
(3)速さ 距離・速度・時間の関係
(4)四則演算の応用 計算の過程で工夫が必要な計算問題
(5)一次関数・比例・反比例グラフ →式より、グラフ作成

これらの単元は過去の試験問題には掲載されておりません。そのため、中学校の教科書などを活用して対策を行う必要があります。数学の試験時間が延びたことから言えることは、慶應ニューヨーク学院が数学に重点をおいて評価をすることかもしれないということです。英語エッセイと国語小論文の対策のみではなく、数学の対策もしっかりとやっておきましょう。

ニューヨーク予備校では、生徒一人一人に合わせたオーダーメイドカリキュラムを基にご指導させていただいておりますが、慶應NY学院の受験勉強について、不安を抱えている方もいると思います。慶應ニューヨーク学院を語るにふさわしい優秀な卒業生が皆様の不安を解消させて頂きます。いつでもご連絡していただければ幸いです。慶應NY学院の優秀な卒業生と一緒に合格に向かって頑張りましょう。

ニューヨーク予備校 塾長 山口慶高

お問い合わせはこちらへ
03-6240-2902
9:00〜18:00(平日のみ)